多くの女性が悩んでる?便秘の原因と解消法

ダイエット, 豆知識

現在、成人女性の6割前後が悩んでいると言われる「便秘」。実は、便秘はただ「スッキリしないな」と云うだけでは済まない、恐ろしい事実がたくさんあります。そもそも便秘とは?その原因や怖さは?解消法や改善のメリットは?尚、解消法は筆者の経験に基づいたものであり、個人差もありますので、参考としていただければ幸いです。

スポンサードリンク


目次

  1. そもそも便秘とは?
  2. 便秘の怖いこと
  3. 便秘の種類と原因
  4. 解消法
  5. 便秘が治ると痩せる!

そもそも便秘とは?

便が硬くなり、排便が不規則になった状態です。では、何日間隔があいたら便秘と言われるのでしょうか?実は、空いている間隔の問題ではありません。もちろん3日以上空いてしまったら確実に便秘と思われますが、例え毎日排便があっても、トイレ後も残便感がある、力まないとなかなか出ない、硬くコロコロした便が出る……等の症状がありましたら、便秘の可能性が高いです。

便秘の怖いこと

便秘になると、お腹がぽっこりしたり、体重が減らなかったりします。しかし、それだけではありません。長期間(約3日以上)も便が腸の中にたまったままでいると、そこから有毒ガスが発生し、腸内環境を荒します。更に、血液は腸から栄養素を吸収し体内の細胞に送る働きがありますが、その時有毒ガスも血液中に吸いもどされ、血液から肌へと送られ内側から老化させていきます。そしてガスは毛穴から体外へ逃げ、体臭がひどくなってしまいます。
また、腸内環境が荒れると悪玉菌が増え、それを吸収した血液の質は低下しどろどろになります。そうなってしまうと栄養がスムーズに細胞に取り込まれなくなり、エネルギー代謝が下がって太りやすい体になります。

目次へ戻る

スポンサードリンク


便秘の種類と原因

便秘と一言で言っても、すべて同じ原因・症状ではありません。そのタイプは、大きく分けて3つあります

1.弛緩性便秘

腸の動きが鈍くなり、押し出す力が弱くなる現象。便秘の人の多くに当てはまるとされる症状です。運動部不足による腹筋の衰えや、内蔵下垂が主な原因とされています。また、冬は冷えによる腸周りの血流低下や、交感神経が高まりすぎることで起こる血行不良もぜん動運動を弱める原因となるため、冷えにも注意が必要です。ちなみに夏も強すぎる冷房で冷えてしまう事があるため、夏も油断はできません。

2.直腸性便秘

脳に「排便したい」というサインが送られにくくなってしまう現象。普段から便意を我慢していると、腸からのサインに脳が気づきにくくなってしまい、タイミングが分からなくなるのでそのまま溜まってしまう事が主な原因とされています。

3.痙攣性便秘

腸のぜん動運動が過敏になることで痙攣し、少しずつしか押しだせなくなる現象。食後に下腹部が痛む人もいます。主な原因は疲労やストレスをため込んでしまい、それにより腸が過敏になることが主な原因とされています。

また、上記に共通することとして、水分不足も原因となります。冬場などに水分摂取量が減り、腸内の水分が低下すると、便が硬くなりスムーズな排便が困難になります。
これ以外にも、急激なストレスや病気に起因するものもありますが、慢性的な原因としては上記が代表例となります。

目次へ戻る

解消法

1.排便のリズムを整える

決まった時間にトイレに行くことで、身体や脳がその時間を覚えて便意のサインを送るようになります。特に行きたい気分でなくても、時間を決めて続けることで改善されます。その際、あくまで習慣作りのためなので、力みすぎないように注意しましょう。(自然に出せるようになるまで無理は禁物)

2.バランスの良い食事を心がける

まずは乳酸菌を含む食品(ヨーグルトなど)を食事に取り入れることで、腸内環境を改善できます。また、便の嵩を増やす食物繊維(海藻類、野菜類、きのこ類、おやつなら寒天等)、柔らかくする水分(※)、そして潤滑剤となる油も忘れず摂るようにしましょう。但し、油の量と質には注意。料理にはオーガニックのオリーブオイル、間食するならナッツ類がおすすめです。
症状がひどい場合は、効率的に乳酸菌を摂取できるサプリメントもおすすめです。
※空腹時に冷たい水を飲むと胃のぜん動運動が起こり、つられて腸も元気になります。それ以外は、腸を冷やさないように常温の飲み物を摂取しましょう。


3.リラックスして(副交感神経を高めて)自律神経のバランスを整える

ストレスを感じると、交感神経が急激に高まります。「ストレスかかってるな……」と思ったら、深呼吸をしたり軽く伸びをしたりしてリラックスしましょう。

4.お腹を温めて腸周りの血行を良くする

座り作業の時には膝かけをしたり、腹巻を巻いておくのも良いです。薄手のものであればアウターにも響きませんので、安心して着られます^^
また、ゆっくりとぬるめのお湯に浸かることも効果的です。こちらはリラックス効果もあり、自律神経のバランスを整える働きもあります。

5.適度な運動をする

激しい運動をする必要はありません。普段の生活の中で階段を使ったり、一駅分歩いてみたり、大股で歩くなどの工夫で筋力をアップさせましょう。

目次へ戻る

便秘を治ると痩せる!

便秘の解消=腸を綺麗にし、環境を整えることです。腸内環境が正常に整うと、以下のようなメリットがあります。

メリット1)代謝が高まる!

「便秘の怖いこと」とは逆に、善玉菌の多いきれいな腸内環境から栄養をもらった血液は、さらさらと質が良く、運ばれてきた栄養を細胞が受け取りやすくなります。そのため細胞は活性化し、代謝が上がり痩せやすくなるのです。また、きれいで活発な腸は吸収や排せつをスムーズに行うことができ、代謝が高まります。

メリット2)腹ペタ・体重減少につながる!

善玉菌の多い腸はぜん動運動も高まり、滞留していた便が体外に排出されるので、お腹が凹み、勿論体重も落ちます

目次へ戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか?日常生活のささやかな改善で、便秘が解消できる可能性があります。ちょっとした事から試して、自分に合った方法を見つけてみませんか?今後、解消法に繋がる食材やレシピをご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

目次へ戻る



Posted by 美倉 羽和香


PAGE TOP