薬局で聞いた症状別胃薬の選び方

健康, 豆知識

誰もが経験したことがあるであろう胃腸の痛み、辛いですよね……。胃の不調は苦しいだけでなく、実は肌荒れや肥満とも関連しています。ただでさえ辛いのに、そんな症状まで出てきたらあまりに悲惨、早く治したいから胃薬を……いえ、少し待って下さい。薬局にたくさん並ぶあの胃薬、症状によって飲み分けないと効果が薄くなる可能性があること、ご存知ですか?今回は私の愛用品に加え、近所の薬局で聞いた症状別おすすめ胃薬をご紹介いたします。

胃もたれの場合

食べ過ぎや飲みすぎといった胃もたれを感じる時は、以下の薬がおすすめです。

第一三共胃腸薬

第一三共胃腸薬メーカー:第一三共ヘルスケア

私が一番愛用している胃薬です。常に常備していて、胃のあたりが重い時に飲むとスーっとして気持ちいいです。2つの消化酵素(リパーゼAP12とタカヂアスターゼN1)が消化を助けてくれる他、6種の健胃生薬が弱った胃のはたらきを高めてくれるので、胃もたれや食欲不振に効果があります。

パンシロン

パンシロンメーカー:ロート製薬

食べすぎ・飲みすぎはもちろん、夜遅い食事などで胃がもたれたとき、胃が弱っているときなど、様々な胃の不快症状に効果的です。私は飲み会帰りに飲む事が多いです。

セルベール、サクロン

セルベールサクロン

いずれもエーザイ株式会社から発売されている胃薬です。胃が弱ってきた、食後に胃もたれを感じる事が多いという方には整胃作用の強いセルベール、胃酸の出過ぎや飲酒により胃粘膜刺激することが原因となるむかむか・胸やけ・飲みすぎの場合はサクロンがおすすめです。

スポンサードリンク


ちくちく痛む場合

この様な痛みの原因は、胃酸が出すぎて胃が痛んでいる可能性が高いです。そのため、胃酸を抑えたり胃の粘膜を修復する効果の高い以下の薬がおすすめです。

スクラート胃腸薬

スクラート胃腸薬メーカー:ライオン株式会社
スクラートに含まれる成分であるスクラルファートは、荒れた胃粘膜を見つけ、すばやく付着し患部を保護・修復してくれます。その為、荒れた患部を見つけやすい空腹時に飲むとよく効きます。

ガスター10

ガスターメーカー:第一三共ヘルスケア
出すぎた胃酸をコントロールし、傷ついた胃にやさしい環境を作ってくれるので、胃痛や胸やけ、もたれ、むかつきなど緩和する効果があります。また、比較的小粒なので錠剤が苦手でも飲みやすいかもしれません。

きりきり痛む

このような痛み方は、胃が痙攣している可能性が高いので、筋肉の収縮を和らげる成分の配合された胃薬がおすすめです。

ブスコパンA

ブスコパンメーカー:エスエス製薬
鎮痙作用をもつブチルスコポラミン臭化物を有効成分とする胃腸鎮痛鎮痙薬です。 この成分は、胃腸の過度の緊張や痙攣を和らげる作用がありますので、胃痛を抑えてくれます。一回一錠で効きますし箱もコンパクトですので、緊張の多い出張先に持っていく事が多いです。

イノキュアS

イノキュアSメーカー:小林薬品工業株式会社
内臓平滑筋の痙攣や緊張状態を抑えるブチルスコポラミン臭化物が配合されており、胃酸の過剰分泌を抑えてくれます。また、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムという成分が胃酸を中和して、胃粘膜を保護してくれるので、胃痛等の胃腸症状を改善してくれます。

まとめ

せっかく買って飲んでも効果があまりないとショックですよね。身体との相性に個人差がありますので、参考として頂ければ幸いです。また、薬局の薬剤師さんに痛みの質を伝えれば適した商品を紹介して頂けるので、自分で決められない場合は相談する事も大切です。

目次へ戻る

スポンサードリンク


Posted by 美倉 羽和香


PAGE TOP