キムチの効果~ダイエットやアンチエイジングに効く!

ダイエット, 豆知識

キムチは体にいいと昔から聞いていたので、最近は毎日の食卓にキムチを出しています。では、何故体にいいのでしょうか?その最大の特徴は、キムチが発酵食品である事に大きく関係しています。発酵させる過程で野菜の持つ栄養素に加え、カルシウムやカリウム、ミネラル、ビタミン類、たんぱく質などを生み出すので、さまざまな栄養素を摂取できるのです。

キムチの乳酸菌は超強い!

発酵の過程で酵母が活動し乳酸が増えておりますが、キムチの乳酸菌は他の発酵食品と比べて非常に強いです。なんと、100℃の熱湯でも元気という強さをもつ納豆菌を侵食してしまうほどの強さです。その強力な力で、大腸菌や、O-157のような有害な菌を排除する力を持つ、まさにヒーローと言えるでしょう。また、含まれる乳酸菌の量はヨーグルトより多いと言われています。一般的な乳酸菌は胃酸に弱いため、腸まで届く前に死んでしまうと以前ヨーグルトの記事で書きましたが、キムチに含まれるラクトバチルスと呼ばれる乳酸菌は胃酸に強く、平然と腸までたどり着きます。ラクトバチルスは元々腸内に生息しているビフィズス菌を増殖させ、腸内の乳酸菌や酢酸を生み出す働きがあります。更に悪玉菌を攻撃し、悪玉菌が居づらい腸内環境を作り出してくれます。

乳酸菌による病気予防効果

乳酸菌には腸内をきれいにすることで免疫力を高め、さらにウイルスを撃退してくれる働きがありますので、風邪だけでなくインフルエンザ、癌、心臓病や脳卒中など生活習慣病の予防にもなります。

スポンサードリンク


整腸とビタミン効果で美容に良い

整腸作用により便秘が解消され、肌トラブルを改善し美肌効果を生み出します。また、唐辛子に含まれるビタミンAは活性酸素を除去してくれたり、皮膚の乾燥を防いでくれるのでアンチエイジングに効果があり、ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるほか、メラニン色素を抑える等の働きで美肌効果をもたらしてくれます。

スタミナを増進

キムチにはタウリン、アスパラギンサン、ニコチン酸といったスタミナ増進成分が多く含まれております。
タウリンは糖の吸収を助け、エネルギーに変えることで代謝を促進する効果があります。アスパラギン酸はエネルギー代謝を助け、体力増強や疲労回復を促進してくれます。また、ニコチン酸にはアルコールの分解を助け、脂肪をエネルギーに変える手伝いをする働きがあるので、スタミナを増進し、疲労しづらい身体にしてくれます。

ダイエット効果と冷え症改善

唐辛子に含まれるカプサイシンには脂肪を燃焼する作用がありますので、ダイエット効果に加え身体を温め冷えを改善してくれます。また、スコルジニンという成分も代謝を高めるので、太りづらい身体にしてくれます。

まとめ

発酵キムチはその強靭な乳酸菌の力で、体内の有害菌の駆除や整腸等に抜群の効果を発揮してくれるので、健康や美容に良いとされます。また、発酵させることで生み出される数多くの栄養素も特徴で、素晴らしい健康食といえるでしょう。癖があるので苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、問題ない方は是非お試しましょう。

スポンサードリンク


Posted by 美倉 羽和香


PAGE TOP