知っておきたい!麹の超パワー

ダイエット, 豆知識

塩麹ブームで一躍話題になり、今でもファンが多い「麹」。下ごしらえや調味料として、手軽に使えて美味しくなると料理に大活躍ですが、その効果は便利で美味しい事だけにとどまりません。ダイエット美容、そして健康にも効果的という素晴らしい力を秘めています。そんな麹の魅力を、是非とも知っておきましょう!

目次

  1. そもそも麹とは?
  2. 主に恩恵をもたらしてくれる栄養素
  3. 麹の持つ超パワー
  4. まとめ

そもそも麹とは?

蒸した穀物や大豆に麹カビと呼ばれるカビを生やしたものを「麹」と呼びます。よく耳にする米麹のほかにも、麦麹や豆麹等が存在します。身近なものでは醤油味噌お酒を造る際に使用されます。炭水化物が多い他、水溶性・不溶性両方の食物繊維を含む事が特徴です。その他にも、ビタミンB群アミノ酸酵素といった身体に良い栄養素を多分に含んでいます。

目次へ戻る

主に恩恵をもたらしてくれる栄養素

塩麹やみそなど、麹は発酵の過程で、ビタミンなどの代謝産物を作ります。この代謝産物を含めた豊富な栄養素が、様々な恩恵をもたらしてくれるのです。

ビタミンB群の力

麹にはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は単体(B1のみ等)で摂取するより、多種を同時に摂取することでそれぞれの効果を高めあう相乗効果が発揮されるため、多種のビタミンBを含む麹はとても効率的に栄養を摂取でき、様々な恩恵があると考えられます。麹に含まれるビタミンB群は、主にビタミンB1、B2、B3(ナイアシン)、B6、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどです。

酵素がたくさん

麹には酵素がたくさん含まれますが、特に代謝にかかわる酵素が100以上含まれているのが特徴です。中でも3大消化酵素と呼ばれるアミラーゼプロテアーゼリパーゼが代表的です。アミラーゼにはでんぷんをブドウ糖に分解する作用があり、プロテアーゼにはたんぱく質をアミノ酸に分解する作用のほか、分解したたんぱく質の廃棄とリサイクル、栄養吸収活性化、生体防御の調節などの働きがあります。また、リパーゼは脂質を脂肪酸に分解し、エネルギーに変える働きがある為、皮下・内臓脂肪も燃焼させます。
酵素が少ないと、食べた物の消化にほとんど使われてしまうため、代謝酵素として働けなくなり、その結果代謝が低下して脂肪がつきやすくなってしまうだけでなく、老廃物や毒素がたまりやすい体質になってしまいます。
caution体力の衰え、疲れ、だるさ、倦怠感などの原因になります。
逆に酵素を取り入れることで消化酵素の消費が抑えられ、その分代謝酵素が働く事が出来、脂肪がつくのを抑制できます。

アミノ酸が豊富

必須アミノ酸という言葉をご存知でしょうか?昔学校でちょっと習ったと思いますが、これは人間が体内で生成することが不可能な9種類のアミノ酸を示します。
必須アミノ酸:トリプトファン/リシン/メチオニン/フェニルアラニン/トレオニン/バリン/ロイシン/イソロイシン/ヒスチジン
上記必須アミノ酸を含む他、多様なアミノ酸が麹には含まれているため、血中の中性脂肪値低下等ダイエットを助ける効果が目白押しとなっております。

スポンサードリンク


目次へ戻る

麹の持つ超パワー

麹には、その豊富な栄養素からダイエット、美容、健康にうれしい効果が目白押しです。順番にご紹介いたします。

ダイエット効果

脂肪燃焼・エネルギー代謝の促進

麹にはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムは甲状腺ホルモン(脂肪を蓄えようとする働きをする物質)の分泌を抑え、脂肪を燃焼しやすくする働きがあります。また、ビタミンB群アミノ酸の効果で、糖や脂質の代謝を助け、太りにくい体にしてくれます。更に血管や肝臓の脂肪の流れを良くして、肝臓に余分な脂肪が蓄積されないようにする働きもあります。

便秘解消によるお腹痩せ

麹由来の植物性乳酸菌、食物繊維、たんぱく質の一種ながら体内で消化吸収されにくいレジスタントプロテイン、及びでんぷんが分解されてできるオリゴ糖が、腸内環境を整えて便通を良くしてくれる働きがあります。また、酵素によって、腸の消化吸収が促進され、腸の働きを活性化してくれるので老廃物を排出し腸内をきれいに掃除してくれます。これにより便秘が解消され、腹ペタ効果が期待できます。

食べすぎ防止や料理のカロリーダウン

麹はおなかの中で膨らみ、少ない食事量でも満足できるようになるので、どか食いを防止できます。また、麹で漬けた肉や野菜はたんぱく質が分解されて柔らかくなり、ペプチドアミノ酸といった旨み成分が増えてやコクも生まれます。さらに穀物のでんぷんは酵素分解されブドウ糖が増えるので、甘味が増す事で食材が美味しく感じられます。そのため、油や調味料の使用が減り、減塩やカロリーダウンにつながります。

美容効果

美肌・美白効果

麹には美肌に効果的な酸化防止作用をもつフェルラ酸コウジ酸が含まれています。
これらは抗酸化物質の一種で、過剰なメラニン生成を抑えシミやくすみを防いでくれる働きもあり、美白やアンチエイジング等の美容効果が期待されております。たんぱく質の酵素分解によって増えるアミノ酸、発酵によって増えるビタミンB群も、健康できれいな肌を作ってくれます。また、体内の老廃物を排出するデトックス効果があり、しわ、吹き出物を防ぎ、美肌効果が期待できます。更に豊富なビタミンは、皮膚や粘膜を保護してくれる働きがあります。皮膚を活性化し、体細胞の酸化を抑制することで体を守り、アンチエイジングにもなります。

髪・頭皮に効く

コウジ酸には頭皮を若返らせ、髪をきれいにしてくれる働きもあります。また、ビタミンB群の皮膚保護機能は強い紫外線によるダメージを受けてしまった頭皮にも良いとされています。
pointすでに生えている髪ではなく、これから生えてくる髪に効果があるので、実感できるまで時間がかかるかもしれません。気長に頑張りましょう。

健康効果

疲労回復

麹に含まれる酵素の働きで代謝を高め、老廃物を排出する事で、疲労回復効果が望めます。また、細胞・筋肉・神経や脳が働くためにも酵素が必要とされます。更に消化、吸収、運動、更には呼吸など、活動のすべてに酵素がかかわっているといっても過言ではありません。麹を摂る事で酵素を体内に取り入れ、これらの活動を助ける事が出来るので、疲れづらくなると考えられます。他にも、アミノ酸のリラックス効果により、睡眠の質を高め疲労回復につながります。

免疫力上昇

麹に含まれるビタミンB群の中には、糖代謝を行い脳に必要なエネルギーを作り出す働きや、脳内のセロトニン濃度の低下を妨げるもの、不眠解消効果、また脳細胞の膜の機能維持に必要な働きなどが備わっています。このようにビタミンB群には脳代謝を高め、活性化させる働きがある為、身体の免疫力が上がり健康効果が期待できます。また、アミノ酸には血液サラサラ効果があるので、動脈硬化などの成人病予防にもなります。

目次へ戻る

まとめ

代謝アップや便秘解消、豊富なビタミンやアミノ酸など、ダイエットにも美容にも効果的で、ヨーグルト同様「きれい痩せ」の味方です。調味料や肉・魚の下ごしらえ、野菜の和え物や甘酒など様々な形で取り入れられるので、是非恩恵たっぷりの麹を日常に加えてみてはいかがでしょうか。

目次へ戻る

スポンサードリンク


Posted by 美倉 羽和香


PAGE TOP