ようこそ!きれい痩せ事務局へ

豆知識

「美しい体型になりたい」「綺麗になりたい」恐らく、多くの女性が思っていることだと思います。
このサイトでは今後、女性の悩みに対する豆知識、美容やダイエットにおすすめのレシピや食材、また流行りのグッズや器具等も、体験談を交えてご紹介できればと思います。

是非参考にしてみてください。

理想の体型って?

女性らしい丸みがありつつも、ウエストはきゅっと引き締まった身体。
憧れませんか?
ただ単に食事量を制限して体重を落とすだけでは、この体型は手に入りません。

それどころか、逆に締まりない太りやすい身体になってしまう危険性すらあります。

なぜなら、大抵の場合、その方法では脂肪だけでなく筋肉が落ちてしまうので、基礎代謝が落ちてしまうからです。
pointなので、体重より体型を気にしましょう!
脂肪を落として筋肉をつけた場合、筋肉は脂肪より重いので、体重が減らなかったり逆に増える可能性もあります。
しかし、見た目はすらっと引き締まり、太りにくい身体になります。

筋肉量を落とさないコツ

日常で歩く癖をつけたり、適度なエクササイズを行う

いつもより遠い所に歩いて買い物に行ったり、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使ったり、歩き癖をつけるだけでも変化があります。

たんぱく質をしっかり摂る

筋肉の原料はたんぱく質です。「お肉は太るから……」と言って食べないと、筋肉が衰えてしまい、逆に痩せられません。
但し、お肉は脂の多いバラ肉ではなく、赤身の肉や鶏胸肉など低脂肪・高タンパクの物がおすすめです。

特に赤身の牛肉には鉄分も豊富なので、女性に嬉しい栄養素が備わっています。

スポンサードリンク


きれいになるとは?

ハリのある肌、ツヤのある髪、明るい笑顔……色々ありますよね。
もちろん、理想の体型になることもきれいになる1つです。
美容グッズや化粧品等も紹介してみたいと思いますが、もっと大切なことは土台、すなわち「身体の中からきれいにすること」です。

例えば便秘。
あれは体内の不調ですが、続くとお腹ぽっこりは勿論、肌荒れやニキビが気になった事はありませんか?

逆に排便がスムーズになると、お腹が凹み、肌もきれいになります。
(便秘については、別章で詳しくお話しいたします)
体内環境が悪い間は、いくら表面を美容液などで補おうとしても、体内から邪魔されて改善出来ません。

そのような事が無いように、体内環境の改善で美肌とスリムさを手に入れる方法についても紹介していきたいと思います。

ちょっとだけ私の失敗談

私は昔、細い体に憧れ、同時に太る事を異常に恐れた時期がありました。
そして私は2ヶ月間野菜と大豆製品で過ごし、炭水化物はほとんど摂取しませんでした。
(1週間に1度程度、ご褒美のつもりで菓子パンは買ってました)

その結果、私は体重の14%を落とし、見た目もかなり痩せました。
背中を触ると、骨ばっているのが分かるレベルです。

確かに細くなる事は出来ましたが、肌は荒れ、髪はパサつき、風邪をひきやすい非常に不健康な身体となったのです。
(そのうち詳しく書きますが、風邪をひく=体内で炎症が起こると、劣化が促進されます)

しかも、生理まで止まってしまいました。

この状態で、きれいな体なんて言えるはずがありません。
さすがに焦って改善法を探し、生理が戻るまで約10ヶ月、肌がそれなりに良くなるまで1年以上かかりました。
caution通常は、生理が90日間こない場合は産婦人科の受信を推奨します

間違ったダイエットは、本当に恐ろしいです。
なので、同じ過ちを繰り返す方が1人でも減るよう、健康的なダイエットや美容法を発信したいと考えました。
「これちょっとやってみたい」「この方法いいかも」と思っていただけたら、是非とも参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク


Posted by 美倉 羽和香


PAGE TOP