きれい痩せの味方!驚異のヨーグルト効果

ダイエット, 豆知識

ヨーグルトの効果、と聞いたら、整腸作用=便秘解消を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。CMでも、「毎日スッキリ」を売りにしている商品が多々見られますよね。確かに優れた整腸作用による便秘解消が期待できますが、ヨーグルトに秘められた効能とは、実はそれだけではありません。長寿食と言われるヨーグルトは、ウイルスに対する免疫力向上アレルギー症状の緩和、そして美容面にも優れています。今回はそんな偉大なヨーグルトの代表的な効果や食べ方についてお伝えいたします。

目次

  1. ヨーグルトで善玉菌が増える理由
  2. ヨーグルトの健康・美容効果
  3. 効率の良いヨーグルトの食べ方
  4. ヨーグルトを食べる時の注意点
  5. 毎日ヨーグルトを食べるのが難しい場合
  6. まとめ

ヨーグルトで善玉菌が増える理由

「乳酸菌やビフィズス菌は、食べても胃酸で死んでしまうため、効果がない」という説を聞いたことはありますか?確かに、多くの菌は腸に行く前に死滅してしまいます。仮に運良く胃酸を耐え抜いて生き残れた乳酸菌がいたとしても、元々いた他の菌により排出されてしまいます。それでは、ヨーグルトは本当は善玉菌を増やせないのでしょうか?そんなことはありません。「腸内の善玉菌を増やす」、というのは、実は「ヨーグルトに含まれる乳酸菌が善玉菌となり腸で働くわけではない」のです。乳酸菌の死骸は元々腸内にいる善玉菌を活性化させる働きがあります。また、腸内には、善玉菌と悪玉菌のほかに、どちらにもなりえる「日和見菌」と呼ばれる菌がいて、この日和見菌を善玉菌に変える働きがヨーグルトにはあるため、整腸効果が期待できるのです。

目次へ戻る

ヨーグルトの健康・美容効果

便秘改善

ヨーグルトによって腸内の善玉菌が増えると、その善玉菌が悪玉菌を追い出してくれるので、腸内環境のバランスが改善します。また、腸を刺激して便通をよくしてくれる働きもあるので、便秘解消につながります。

美肌効果~ニキビ、肌荒れを改善

便秘が解消されることにより、老廃物や毒素が体外に排出され、ニキビや肌荒れといった肌トラブルが改善し美肌になります。また、腸内フローラ(腸内に住む細菌たちの生態系をさす)のバランスが改善されることで、皮膚改善効果も期待できます。

生活習慣病の予防

ヨーグルトに含まれるプロバイオティクス細菌(身体に良いとされるバクテリア)の効果によって、悪玉コレステロールを減らすことが出来ると言われています。悪玉コレステロールは脂質異常症、高血圧、糖尿病、肥満、メタボリックシンドローム、更に心臓病などの生活習慣病の原因となるので、悪玉を減らすことで予防が出来ます。

骨を強くする

乳製品にはカルシウムが含まれており、歯や骨の元となるので骨が強くなります。特に女性は加齢とともに骨粗しょう症が心配されるので、カルシウムをとって予防しましょう。また、イライラを防ぐ精神安定効果も期待できます。

筋肉のもとになる

ヨーグルトには筋肉の材料であるたんぱく質も豊富に含まれているので、代謝の良い体になれます。たんぱく質はとても重要な栄養素であるにも関わらず、十分に摂取出来ている人が少ないのが現状です。尚、たんぱく質が不足すると、筋肉痛肌荒れ髪のパサつき、更に免疫力の低下が懸念されます。逆にいえば、ヨーグルトを定期的に摂取することで、これらの症状を緩和させることが出来ると言えます。

免疫力向上

腸内環境が改善されるとウイルスや細菌に対する免疫力が上がり、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりにくいという事が分かっています。

脂肪を減らす

ヨーグルトにはビタミンB2が豊富です。ビタミンB2は脂肪の燃焼に不可欠な栄養とされており、摂取することで脂肪の代謝を促してくれます。さらに、ヨーグルトのカルシウムには脂肪を分解し、おまけに合成を防ぐ働きがあるので脂肪を減らす効果が期待できます。

アレルギー症状の緩和

花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など、アレルギーの改善に効果があると言われています。これは、乳酸菌がアレルギーに大きく関与しているヘルパーT細胞(免疫細胞)のバランスを整えるためです。
参考:花粉症やアトピーを緩和する乳酸菌の一覧

目次へ戻る

スポンサードリンク


ヨーグルトの効果的な食べ方

食べるタイミング

食前に食べる

血糖値の急上昇を抑えたり、食欲を抑えて食べすぎを防ぐことが出来ます。

食後に食べる

食前より便秘改善効果が高いと言われています。これは、食事によって胃酸が弱まっているので、より乳酸菌が腸に届くためと考えられます。

朝食べる

朝は排泄の時間なので、ヨーグルトを食べることで腸を活性化し、排便を促す効果が期待できます。食べる前に冷たい水を1杯飲んで、胃腸を刺激してから食べるとより効果的です。

夜食べる

前述したとおり、カルシウムにはイライラを解消しリラックスさせる効果があります。そのため、安眠作用が期待できます。また、就寝中は骨の形成が行われるので、骨を強くしたい場合は寝る1~2時間前に摂取すると良いでしょう。

タイミングによってさまざまな効果があるので、ヨーグルトを食べる目的によって選ぶことをお勧めします。

食物繊維と一緒に摂取する

大腸で腸内細菌が食物繊維を発酵させ、その際出来る酸がビフィズス菌など善玉菌を増やしてくれるので、ブルーベリーやキウイ、バナナなど食物繊維の多い果物玄米ブランのようなシリアルと一緒に食べると効果的です。

ホットヨーグルトにする

腸にいいとは言われるものの、乳製品には体を冷やす効果がありますし、冷たいものを食べるとお腹を壊してしまう人もいます。そこで、ホットヨーグルトがおすすめです。レンジ500Wで1分弱温めるだけなので簡単です。ただし、温めすぎにはご注意を。

目次へ戻る

ヨーグルトを食べるときの注意点

継続しないと効果がない

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は体内で定着しないので、一度にたくさん摂っても効果を劇的に上げることは難しいです。人間が毎日定期的に食事をするように、体内の善玉菌に定期的にご飯をあげる気持ちで、少しずつでも継続的に食べることが効果的です。まずは1週間以上を目標に継続してみましょう。

食べすぎに注意

腸内環境を改善してくれるヨーグルトですが、食べすぎると腸を強く刺激しすぎてしまい、下痢になる危険性があります。一日100~200gを目途に、体調に合わせて調節しましょう。また、加糖ヨーグルトを食べすぎた場合、糖分の摂りすぎになり逆に健康を阻害しているということにもなりかねません。プレーンヨーグルトを適量摂取することが望ましいですが、味に満足出来ないという方もいらっしゃるでしょう。その場合は、はちみつや果物を加えることで、満足感も上がり栄養も摂取できます。

目次へ戻る

毎日ヨーグルトを食べる事が厳しい場合

毎日食べるのは飽きる、経済的に負担に感じる等の理由で、続かないという人も多いのではないでしょうか。私も昔はそうでした。(最近は飽きなくなりました 笑)そのような方には、乳酸菌のサプリメントもお勧めです。ヨーグルトが好きではなかったり、毎日食べるのが面倒と感じている方でも、サプリメントなら手軽に摂取できるます!

おすすめサプリメント

生命(いのち)の乳酸菌

熱に負けない7種類の耐熱性乳酸菌を含み、さらに特許製法のカプセルでコーティングされたサプリメントです。また、乳酸菌のえさになるオリゴ糖も配合されているので、効率よく善玉菌を増やせます。ダイエットサポート美容便秘解消にも効果が高いおすすめ品です。私も本当に便秘がきっつい時にはお世話になりました^^;;1日1粒飲むだけなので、本当にお手軽ですよ!さらに今ならトクトクコースのお申込みで、送料500円だけで、30日分が実質無料でお試しできます(1袋通常価格3300円)。

↓公式サイトはこちら↓

1日わずか1粒中に乳酸菌が7種類、なんとヨーグルト34個分!【生命の乳酸菌】

善玉元気

こちらは錠剤タイプではなく、ゼリータイプという珍しいサプリメントです。また、従来の乳酸菌サプリと違い、厳選された超エリート乳酸菌が発酵して生み出したエキス(短鎖脂肪酸・必須アミノ酸、遊離アミノ酸など)が配合されています。さらにこの乳酸菌発酵エキスは、乳酸菌を共棲培養して生成させた短鎖脂肪酸が主成分なので、腸内細菌よってに排出されることなく、体内にちゃんと吸収されます。そしてもう1つの特徴として、便秘・肌荒れ・口臭・体臭・眼精疲労・老化をケアする成分を贅沢ポリフェノール配合しています。腸内環境を本気で整えたい方はぜひ!

↓公式サイトはこちら↓

ツマリに悩む女性のためにつくられた、美容もケアするサプリメント【善玉元気】

目次へ戻る

まとめ

定期的にヨーグルトを食べることで、嬉しい効果がたくさん得られます。但し、乳酸菌の種類は1つではありません。人によって合う・合わないが違うので、効果が得られないと感じたら、違うヨーグルトを試してみるといいと思います。また、ヨーグルトはメーカーによっても入っている乳酸菌が違うため、得られる効果が違うことも分かっています。次回は「効果別で選ぶヨーグルト」をご紹介いたします。よろしくお願いします!

目次へ戻る

スポンサードリンク


Posted by 美倉 羽和香


PAGE TOP